HOME > 研究技術報告 
電子情報通信学会研究技術報告の利用


電子情報通信学会の研究技術報告は、研究会がどのソサイエティに属するかにより利用媒体や方法などが異なります。
下記をご確認のうえ、ご利用ください。

ソサイエティ別の利用方法 
ソサイエティ
利用媒体
利用可能範囲
必要な手続き
電子(学内限定アクセス)
電子版の入り口:
技報アーカイブ
2006年~最新の研究会発表から1ヶ月経った論文
「技報オンライン」でユーザ登録(各自)
情報・システム
研究会一覧
電子(学内限定アクセス)
電子版の入り口:
技報アーカイブ
2007年~最新の研究会発表から1ヶ月経った論文
「技報オンライン」でユーザ登録(各自)
エレクトロニクス
研究会一覧
紙 / 
電子(トライアル)
電子版の入り口:
技報アーカイブ
紙:2013年以降の論文
電子:2007年~最新の研究会発表から1ヶ月経った論文
紙:なし
電子:
「技報オンライン」でユーザ登録(各自)+ライブラリーでの手続き
基礎・境界
研究会一覧
2013年以降の論文
なし
ヒューマンコミュニケーショングループ
研究会一覧
2013年以降の論文
なし



電子版の利用

  • 電子版は、「技報アーカイブ」から利用できます。利用にあたっては「技報オンラインシステム」へのユーザ登録が必要になりますので、各自で手続きをしてください。


 「技報オンラインシステム」にアクセスする
 

  • エレクトロニクスソサイエティの電子版は、ユーザ登録をしただけでは利用できません。ユーザ登録後、ライブラリーでの手続きが必要になりますので、パソコンを持参してカウンターへお越しください。


紙版で購入している研究技術報告
情報ライブラリーでは、下記のソサイエティの研究技術報告30誌を紙版で購入しています。

  • エレクトロニクスソサイエティ
  • 基礎・境界
  • ヒューマンコミュニケーショングループ


また、その他のソサイエティについても、2013年以降に発行された紙版の研究技術報告はすべて電動書架にありますので、こちらも併せてご利用ください。
 
 紙版の研究技術報告を確認する