HOME > 新型コロナウィルス対応> 情報ライブラリーの取り組み 

情報ライブラリーの取り組み

新型コロナウィルス感染症に対して、公立はこだて未来大学情報ライブラリーは、次のとおり取り組みます。

・関連ページ

更新日:2020/4/16

 対応方針
1. 感染拡大防止に努めます。
 
   情報ライブラリーで予測されるリスク
  • 情報ライブラリーは不特定多数の人が集まる
  • 換気が十分に行えない
  • 物を介した感染の可能性を否定できない

2. 学習と研究を支援します。


 対処方法
1. 当面の間、閉館します。
 
2. 返却された本を除菌します。
  • 返却された本は、表面を消毒した後、風や紫外線にあてます。
 
3. 本の貸し出しは行います。(事前連絡制)

4. 電子情報を積極的に提供します。
  • 電子ジャーナルや電子書籍などインターネットを利用したリソースや関連情報を積極的に提供します。ライブラリーのウェブサイトに、電子リソースへのアクセスや文献入手の方法などを掲載しています。
  • 関連ページ:電子リソースの利用
 
※感染拡大の状況により、今後対処方法は変わる可能性があります。最新情報はウェブサイトでご確認ください。