HOME > 研究ガイド> 著作権 

著作権

 

 著作権とは

  •  著作権とは、著作物(論文、小説、美術、映画、音楽、コンピュータプログラムなどの創作物)の権利を守るための法律です。他人が創作した著作物を利用するときは、著作者の許可を得る必要がありますが、学習・研究においては、限られた範囲や一定のルールの下で、著作者の許可を得なくても利用することができます。

  • 他人の著作物を著作権の範囲を超えて勝手に利用することは、法律違反であり、犯罪行為です。著作権を正しく理解し、ルールに従って適切に対応できるようになりましょう。

もっと詳しく:著作権法



 レポートや論文を書くときの著作権

  •  先人の研究(論文)を利用しないで、レポートや論文を書くことはできません。論文は著作物ですが、著作権法第32条により、ルールに従って適切に引用をすることでレポートや論文に利用することができます。

  • 引用する場合は、出典を明らかにする、正確に引用するなどのルールがあります。

  • 引用のスタイルは分野や学会により異なります。どの引用スタイルを用いるのかについては、指導教員に確認しましょう。

もっと詳しく:「引用」に関する解説



 情報ライブラリーの蔵書をコピーするときの著作権

  •  情報ライブラリーの蔵書はすべてが著作物です。著作物は著作権によって保護されていますが、著作権法第31条により、限られた範囲であれば、著作者の許可なくコピーすることができます。


  • コピーできる範囲

  • ・コピーできるのは1人1部のみ

  • ・雑誌や新聞など逐次刊行物の場合、最新号はコピー不可

  • ・本の場合は、全体の半分のページ以下であればコピー可(一冊丸ごとのコピーは不可)

もっと詳しく:「著作権と図書館」に関する解説



 授業やゼミで著作物を利用するときの著作権

  •  著作権法第35条により、授業やゼミで他人の著作物を利用したい場合、一定のルールの下であれば、著作者の許可を得なくても利用することができます。

もっと詳しく:「学校教育と著作権」に関する解説



 書籍(リンクがあるものは蔵書)



 チュートリアル



 関連リンク



最終更新日:2021年10月25日

 

著作権


検索ツール

◉蔵書検索

 

◉論文検索

複数の雑誌や会議録に掲載している論文を一度に検索できます。


 国内の論文

 海外の論文

 国内と海外の論文


◉電子ジャーナル誌名・電子書籍書名の検索


学外からのアクセス

契約している電子ジャーナル等は学内からのアクセスが基本ですが,自宅など学外からアクセスできるものもあります。詳細は下記を参照してください。