HOME > A5棚(2021年7月)  


2021年7月号
テーマ:なるほどッ縄文


北海道・青森県・岩手県・秋田県で構成される「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、
世界文化遺産として認定される見通しとなりました。
函館市の「垣ノ島遺跡」と「大船遺跡」の2つの縄文遺跡も含まれています。

そこで「今月のA5棚」7月号のテーマは、「なるほどッ縄文」。

縄文の文化や生活に関する本、発掘調査や文化財保護、
世界の古代文明などに関する本、約60冊を展示しています。

土器に代表されるような、粘土を用いて煮炊きする容器の発明など、
まったく新しい道具を作りだした縄文時代は、
日本の歴史上最初の技術革新があった時代と言われています。


想像するより高い技術力と複雑な精神性を有し、
他の地域と活発な交易を行っていた縄文の世界を覗いてみませんか?




今月のA5棚とは?
情報ライブラリーのすべて書架には、「A1」「B2」など番号がついています。
そのうち、書架番号「A5」は、いつもは別々に並んでいる本を、
あるテーマのもとに期間限定で集め、紹介する特別な本棚です。
時事ネタから季節ネタまでバラエティ豊かに○○なテーマの本を紹介します。 

過去のA5棚を見る